高齢者もスポーツを

高齢者がスポーツをする意味

高齢者がスポーツをするなら

高齢者がするスポーツとしてゲートボールがあります。他の運動と違い、激しい運動をする必要もないため、ある程度年齢が高齢であってもできます。自宅でじっとして動かず運動不足気味の方もいるでしょう。スポーツをしたいと思いながらも、身体機能がかなり落ちてきているため、なかなか運動をしようという気力も起きなくなる時期でもあります。ですが、何もせずにいると、体はどんどん弱ってきてしまうため、自分でできる範囲で運動をすることが大切です。ゲートボールの運動量はそれほどたいしたことはありませんが、ある程度体を動かす習慣になるため、健康のためにも始めてみるといいでしょう。

高齢者こそスポーツを

高齢者がスポーツに取り組むことには、様々な恩恵があります。年をとると肉体能力が衰え、日々の生活を困難なものにしていきます。しかし運動することによって筋肉を鍛えれば、肉体の経年劣化を抑えることができるのです。また、ストレス発散効果や、コミュニケーションの上からも極めて有用です。そして年を経てからの運動は、怪我がないように、無理なく行うことが重要です。体がぶつかり合うような、激しい動作を伴うものは避けて、肩の力を抜いて長続きできるものを選ぶのが賢明な判断といえます。高齢者もスポーツに勤しみ、健やかな老後を送りましょう。

↑PAGE TOP